FC2ブログ

Felicite

アンティーク・エ・カフェ フェリシテのスタッフダイアリー。展覧会情報etc.

気がついたら桜がおわり、、

mtのことでいっぱいだった3月から4月初め。気がついたら桜の季節がすっかり終わっていました。そう、今年の桜は短くて、mtが終わった5日は風とともに桜の花びらが空に舞ってしまっていたのです。そんな訳で今年はお花見はゼロ。といっても自宅は岡山の桜の名所半田山植物園のすぐ近くで、通勤の行き帰りにちらりと見てましたからそれでよしとしましょう。そう思っていたらなんと中庄団地の川のほとりに並んだ桜が今頃満開ではないですか。ええっ、とびっくりしていたら、それは八重桜だと教えてくれた人がいました。そうか、こうして桜はつないでいっているんですね。

忙しい日々が終わって油断していたら、もうゴールデンウィークが目前に迫っていることに気がつきました。こうして次々することが後を絶たない、それってしあわせなこと?きっとそうです。そう思いましょう。
倉敷は平日でもたくさんの人。最近では外国の人が多い印象。色んな会話が飛び交っています。フェリシテに入ってくる外国人にいつも注意を払って、何語でしゃべっているのかを聞くのがくせになっています。こちらへの注文はみなさん英語ですが、一緒に来られた人との会話は母国語ですから。フランス語だったら少しだけ練習できるって張り切ります。

忙しい日が終わってすぐにしたことは、もちろん映画!シネマクレールへ友達のいちおしの「ナチュラル・ウーマン」を観に行きました。トランス・ジェンダー(性同一性障害であり、解剖学上の性とは逆の性で社会生活を行うが、外科手術までは望まない人)のマリーナの偏見や差別と闘うお話。観ているうちにマリーナが愛おしくて抱きしめたくなる。舞台はチリ?こんなにも偏見があるのにもびっくり。それにしてもマリーナ役のダニエラ・ベガが美しい。彼?は自身がトランス・ジェンダーだけど、世の女性よりずっと身のこなしも美しくやさしい。年の離れた恋人のオルランドが彼?彼女に恋をしたのも理解できる。それをオルランドの家族たちはマリーナを怪物のようにののしり、ひどい仕打ちをする。中でも一番印象に残ったシーンは傷ついたマリーナが激しい風に向かって歩くシーン。マリーナの人生そのもの。がんばれ!って声をかけたくなる。
320_convert_20180418125234.png

大抵アカデミー賞系の映画はあんまり好みではないけれど、「マンチェスターバイザシー」はいい映画です。確か主演のケイシー・アフレックはアカデミー賞主演男優賞をもらったんですね。納得。ずーっと悲しい空気の映画ですが、どこか心温まる、そんな映画。これはAmazonプライム会員なら無料で観れますから。、、Amazonプライム意外と見る映画がたくさんあります。

お知らせ ゴールデンウィーク中は月、火も休まず営業します。 *5/7.8.9はお休みします。

4/21,22(土日)は「Made in Kurashiki in くらしきmade in kurashiki」倉敷芸文館 に出店するためお休みします。グレープフルーツジュース、はちみつレモンを販売します。来てください!
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://felicitekurashiki.blog13.fc2.com/tb.php/306-f205ceb3
このページのトップへ

Search

Information

jack

Calendar

08月 « 2018年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Categories

Links

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives