Felicite

アンティーク・エ・カフェ フェリシテのスタッフダイアリー。展覧会情報etc.

パリ、オスロへ行ってきました。

パリ、オスロに行ってきました。
今回、いつもになく美術館をたくさん訪れました。
まずはルーブル美術館。
何回か行ってますが、全部観れてないので今度こそはと。
でもやっぱり無理。所蔵物の多さにいちいち感動していたら1日いても全然足りません。
ここはまた来ることに。それでも冬ということもあってルーブルにしては人が少なく、ゆっくり観れました。
そうそう、夏来た時は入場券を買うだけで1時間並びました。
パリ・ミュージアム・パスがおすすめです。
IMG_4398_convert_20170120152134.jpg

パリ・ミュージアム・パス
(1) 切符売場に並ぶ必要がありません。
(2) 出入り自由! 見学途中で外へ出ても、再入場ができます。
(3) パリ・ミュージアム・パス利用可能な施設を好きなだけ見学できる、

パリから飛行機で2時間半、ノルウェー、オスロ。こんな時期北欧だなんて、しかも北極に近いノルウェー。
でも冬の北欧が好きなんです。寒さの中に暮らす人々と少しの時間でも共有できることが。
オスロといえばやはりムンク。
ムンク美術館は地下鉄 トイエン(Toyen)駅からすぐ。そこに続く道は公園の中のような細い道で、近くの子供達が
遊んでいました。標識もほとんどなく、観光化は全くされていないところがよかった。入場料は無料。
一部屋に大きな作品が程よく並んで、ムンクの世界に浸りました。叫びだけがムンクの作品ではないことを認識。
とてもいい時間でした。そして館内にあるカフェで「叫びケーキ?」というガトウショコラを食べたのですが、
これがプラリネチョコでおいしかった! *北欧のホテルは心地よい。人々が家の大切に、
                    暮らしを楽しむ様が現れているのかしら。
IMG_4492_convert_20170120152206.jpg

最後はピカソ美術館でたまたま開催されていた「ピカソとジャコメッティ展」2/5まで
去年まで改装中だったピカソ美術館。広さも倍以上になったらしいけれど、
今まで見れなかった場所も展示スペースになって、それが素晴らしい!
ピカソとジャコメッティを対比させながらの展示が見る人の心を
わしづかみ!感動の連続でした。
図録を手に入れたのでぜひ見たい方はフェリシテに来てください。
picasso_6_convert_20170120152238.jpg

もちろんお仕事も。
クリニャンクール、厳冬の中カイロをまとって探し回り
ました。ほんの少し、でもお気に入りがいくつか見つか
りました。香水瓶、
シルバーのフルーツ用はさみ、、、
メルシーではクッション
ふきん、、、、
ぜひ見に来てください。



スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://felicitekurashiki.blog13.fc2.com/tb.php/293-cacf2ee9
このページのトップへ

Search

Information

jack

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Categories

Links

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives