FC2ブログ

Felicite

アンティーク・エ・カフェ フェリシテのスタッフダイアリー。展覧会情報etc.

ゴルデンウィークは始まった?

今年のゴールデンウィーク、巷の噂では相当の人が倉敷を訪れると。今日あたりからお休みという人も多い様で、気合いが入ります。倉敷ではいろんなイベントが企画されてるみたいで、近場で楽しみたい方にはお勧めです。だけど本当にゆっくりと観光したい方は、この時期は避けた方がいいかも。人の流れで何を観たかわからなくなってしまいます。
倉敷がこんな風になったのはやはり山陽新幹線が開通してから。それまでは静かな小さな、大原美術館を囲む町だったのですが、あれ以来観光地の倉敷になってしまいました。少し私の思いとは違った方向に。でもそんな時でも、我が本町通りは比較的本来の倉敷を保っています。時間があるかたはこちらに逃げ込むとほっとしますよ。

映画のストーリーの作り方のひとつにオムニバス方式があります。今まで観た映画では「パリ・ジュテーム」「マグノリア」「イタリア的恋愛マニュアル」「モンテーニュ通りのカフェ」などが記憶にあるのですが、この方式は何人かの監督で構成されているもの、一人の監督でいくつかのストーリーを構成しているものがあって、一番最近観た「PARIS」は後者に当たります。人によってはオムニバスだと安易であるとか、見応えがないとか言われますが、私は好きです。だれる事なく何度も新しいストーリーに入って行けて、何本も映画が観れたくらいのうれしさ。「PARIS」はパリの匂いが流れてくるくらいパリを体感できます。ビノッシュの普通の存在の中に漂う存在感、輝き、ロマン・デュリスは複雑な心理を緻密に表現していたし、生きる事、生活する事、愛する事、そして人生について観る人だれでも考えさせられる映画でした。それにしてもフランス人ってパリが好きなんだなあ。パリが舞台の映画がたくさん。あっ、そういえば今TSUTAYAで借りて毎晩寝る前に少しずつ観てる「月夜の恋占い」もオムニバスだわ!だけど春眠暁を覚えず、、、いつも寝てしまう。

お知らせ***ガレージセールは5月30、31日(土日)に変更しました。
スポンサーサイト



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://felicitekurashiki.blog13.fc2.com/tb.php/110-df0ad2c0
このページのトップへ

Search

Information

jack

Calendar

11月 « 2019年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Categories

Links

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives