Felicite

アンティーク・エ・カフェ フェリシテのスタッフダイアリー。展覧会情報etc.

夏の過ごし方

気がついたらすっかり夏本番。早い梅雨入り、早い梅雨明け、ということは?長い夏。ふーーっ。だけどどうにかこのつらい長い夏を楽しむ方法を熟考中。
そのひとつ、前にも書いたけれど、シンプルな生活を実行すること。そしてその前にそのための環境を整える事。ドミニク・ローホーのシンプルな生活シリーズ「シンプルに暮らす」。今回は食について書いてあるのですが、目から鱗と申しましょうか、断捨離と根本的に違うのは、豊かさなんです。きっと言いたい事のとどのつまりは同じなんですが、書き方や単語の並べ方でこうも違うのかと思うくらい違っているのです。例えば、暮らしの基本は食べる事、できるだけ自然で新鮮なものを少しだけ用意して、それにぴったり合ったお皿が1枚、それが体に良く、素朴で楽しい食事をする秘訣というのです。食べ過ぎない事、楽しい事、それが食事に必要不可欠だと。まだまだありますが、ひとまずこの暮らしに少しでも近づきたいと思う夏前の私なのでした。
もうひとつはやはり映画ですね。やっぱり。最近観た映画は「トスカーナの贋作」ジュリエット・ビノッシュです。さすがのビノッシュ!赤い口紅をぎゅーっと塗るシーン、ブラのひもが無造作にワンピースから出ているとこ、息子とのやりとり、なかなかすばらしい。ほとんどイギリス人作家の紳士とギャラリーの経営者のフランス人女性のビノッシュの会話から成っている。長い長い会話に引き込まれて行く。彼らのアバンチュールに我を忘れてしまう。夏観るにはいいかも。
映画
スポンサーサイト
このページのトップへ

お暑うございます。

やっと7月になりました。
まだ梅雨が明けない倉敷ですが、大雨や猛暑の繰り返しにすでに疲れが出ています。これからどうやって夏を過ごしたらいいんでしょう?だれか教えて!、、、夏に弱い私の心の叫び。

だけど気を取り直して、フェリシテは夏の冷たいデザートを用意してお待ちしていますから、ご自宅で節電モードの人、涼しいフェリシテにいらっしゃい。雑誌も揃っているし、冷房もしっかりかけています。何時間でもゆっくりしてくださいな。

先日は毎年恒例の伊賀の下駄屋さんが近所に3日間だけの店を開かれました。その間は夏の着物を着た人々が下駄を選びに集って、フェリシテもちょっとした着物ブームに。私は夏の着物が大好きです。絽とか紗とか、詳しくはわからないけれど、ちょっとした透け感のある着物がいいですね。それに麻のざっくり織った帯をして、素足、若しくは白い足袋に下駄。それに日傘をさして。暑いけれどがまんして涼しげな顔をする。憧れます。倉敷は着物が似合う町だから、ぜひ着物を着てお茶をしに来て欲しい。その代わりじろじろ見させていただきますよ。
これです
これは去年の写真。みんなで虹を眺めているところ。




このページのトップへ

Search

Information

jack

Calendar

06月 « 2011年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Categories

Links

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives