Felicite

アンティーク・エ・カフェ フェリシテのスタッフダイアリー。展覧会情報etc.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

山本教行さんの器展

春の「暮らし器」展3/21~4/2が始まりました。美観地区周辺のギャラリーを中心に開催されるもので、今年は2回目。焼き物だけでなく、ガラス、木、など器の展覧会が開かれています。
IMG_1093.jpg

フェリシテでは前にもお知らせしましたが、山本教行さんの器が並んでいます。民藝ファンだけでなく、始めて山本さんの器を見てすっかりその虜になった若い人たち、いろんな方でにぎわっています。
山本さんの作品は「和風が暮らしいい」や様々な生活にこだわる雑誌にもよく紹介されているので、名前は知らなくても作品を見れば一度は目にしたことに気付くはず。特に土鍋が人気です。和でも洋でも、どちらにもいけますし、私の好きな北欧の感覚もあるんです。ぜひぜひ一度足を運んで下さい。


IMG_1095.jpg

両手付き平土鍋
スポンサーサイト
このページのトップへ

民藝で育った

倉敷は民藝の町。民芸館を中心に、今は亡き外村吉之介氏が初代館長として民藝を広めた。私の周りは母も含めて民藝協会の活動、勉強会に熱心な大人たちが多く、子供の頃からよくわからないまま肌に感じてきた。大人になって、家庭を持って、民藝からちょっと遠ざかっていた。というより意識的に反対の方向を向こうとしていた。重い民藝の器より白くて軽い磁器を選び、日本の土臭い物より洗練された洋のものを並べたいと思った。でもあるとき気づいた。もっと民藝は自由である事に。始まりは何であれ、その先は美。生活の中に生きていて、美しいと感じる事の出来る物であればそれが民藝なのかもしれないと。

鳥取の山本教行さんの器は白い食器の中によい存在感を放つ。確かに民藝の代表なのに、洗練された生活にもマッチする。それは長い間山本さんが問い続けた新しい民藝のあり方なのかもしれない。最近の雑誌の民藝の特集には必ず登場する山本さんの器たちをぜひ見ていただきたいと思います。
3/21(tue) ~4/2(sun)「山本教行さんの器~民藝にふれてみたい~」
pot.jpg



*ガレージセール3/18(sat)今回は一日のみ。
このページのトップへ

Search

Information

jack

Calendar

02月 « 2006年03月 » 04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Categories

Links

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。