Felicite

アンティーク・エ・カフェ フェリシテのスタッフダイアリー。展覧会情報etc.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

秋は恋愛映画!

夏は過ぎ、って思いたいけどまだまだ日中は暑い。でも朝晩の涼しさで救われます。
夏の間なーんにもしないって決めて、暑い時はクーラーを惜しまず、食べたいものだけを食べて、夜はじっと動かず映画三昧。そうすればそんなに辛くない、気がする。そう、郷に入れば郷に従え、です。
ルオンの展示会も無事に終わり、現在はその集計や注文に追われているのですが、こんな時ほど遊びたくなる。涼しいから美味しいものも食べたくなる。もちろんどれもちゃーんとがまんせずやってますけどね。
ルオンの展示会にはたくさんの方に来ていただいてとても楽しかった。皆さんがルオンの服を着て喜んでくださるのがとてもうれしい。この楽しみは何にも代えがたいのです。これは創造することの楽しさだけでなく誰かが素敵になるのを手助けする?なんておこがましいけれど、そんな楽しさもあって心からふつふつと燃えてくるのです。展示会に来れなかった方のためにまた後ほどその時の様子をupします。

最近見た映画のお話を、、、しゃべりたくてたまらない。
一番好きだったのは「モンロア」Mon Roi 私の王様?王者?全部観たら少し納得。久しぶりに好きなタイプのフランス映画。すんなりとは理解できない人間描写、そこんとこが好き。一つの映画であーあ、おもしろかった、じゃなくて、そのあとも引きずる映画が好き。それにはぴったり。この監督の「愛の犯罪者」はちょっと理解できなかったけど、これはいい。
ヴァンサン・カッセルフランスでセクシーと言われる俳優。そんなに好みではなかったけどこの映画では素敵。こんな彼だと楽しいかも。夫だとちょっと困る。そんな男をうまく演じてる。そしてその相手役のエマニュエル・ベルコ、今までも見てるはずなのに印象に残っていなかった、だけどこの映画では不思議な魅力の女性。地味だけど存在感がある。ストーリーはほとんど二人の関係の移り変わりだけれど見入ってしまう。ジョークがポンポン飛び出すけれど、本当はフランス語でどう言っているのか気になった。いつかもっとちょんと観てみようと思いました。320-1_convert_20170920225905.jpg

余談ですが、韓国版「男と女」がフィンランドが舞台で映像の美しさと主役のコン・ユにちょっとよろっときてしまった。韓国版大沢たかお?メロメロだけどなかなかよいです。韓国映画はほとんど観たことないけど。320_convert_20170920225927.jpg
どちらも恋愛映画、、、好きだなあ。
スポンサーサイト
このページのトップへ

ゴダールはいかが?

お盆、人は多いけど、なんとなくだらだらした日々。フェリシテはいつものように営業しています。
でも昨日あたりから歩く人の様子が違ってきました。確実に夏が終わりつつあるのです。希望?いえ、確実に。

*今治タオルを並べました。なにしろ肌触りがいいのです。ずっと触れていたいほど。贈り物に、自分のために、優しいタオルはどうですか?
*fog linenのふきん、テーブルクロスも入荷しています。とても質のいいリネンです。どんどん使い込んで、うちのリネンって自慢してください。リネンは確実に使い込むほど自分の分身となるのです。
IMG_3747_convert_20170814233521.jpg

ふとしたことからゴダールを見ずにいられなくなってしまいました。それというのはたまたま本屋で手にした「彼女のひたむきな12ヶ月」という本。これを書いたのはマリアンヌ・ヴィアゼムスキー、彼女は数年ゴダールの妻であり、いくつかの作品の女優でもあった人。顔を見ればああ、って思い出す人。でも女優だった期間は短く、80年代後半は小説家となっている。この私小説とも言える作品に、当時のヌーベルバーグを語るのに忘れてはならない人々、監督や俳優が出てくるのがおもしろい。また、ゴダール作品が作られる様子もとっても興味深いのです。そしてそのせいで前にも観た、でもそんなにもおもしろいと思わなかったゴダールの映画を幾つか見直していくうちにだんだんはまってきてしまったのです。特に「気狂いピエロ」はいいのです!セリフも、映像も。ファッションやインテリアも。ジャンポール・ベルモントも、アンナ・カリーナも。1回目は普通に観て、2回目は解説付きで観て、中のセリフを解読したり、とにかく楽しめます。しばらくあきないでしょう。
IMG_3769_convert_20170814233427.jpg
このシーンが好き。
このページのトップへ

8月のお知らせ

毎日が恐ろしく暑いです。みなさま、どうお過ごしでしょうか?
フェリシテも暑さにドアを閉めて閉じこもっています。時たま顔を真っ赤にした方々が助けを求めるように駆け込んで来られます。倉敷は相当暑いです。くれぐれもお気をつけください。

*今治のcontrexのタオル、fog linenのふきん、テーブルクロスが入荷しています。
 また改めてご紹介しますが、タオルの心地よさにすっかりまいっています。体験に来てください。

8月の休業日
 8/7.8.9(月火水)
   16、17(水、木)
 *10〜15日は休まず営業します。

 第4週からは通常営業となりますので宜しくお願いします。
このページのトップへ

羊村の兄弟

今までパソコンからしか書き込めないと思っていたら、iPhoneからでもできることが判明。これはいい!どこからでも書けるのはうれしい!
てことで今回はiPhoneから。
長い長い三月から続いたイベントの日々も終わり、しばらくは静かな、つまり暇な日々が続きます。六月はそんな月。だけどフェリシテにとっては18年目のお祝いの年。うーん、なにかどかっとやらかしたいなあー。
久しぶりに映画を少し。
「羊村の兄弟」アイスランドのお話し。最初は退屈?と思いながら、だんだん引き込まれ、その世界にはまり込んでしまった。映像、ほんとに美しい!大きな自然の中で孤独に暮らす仲の悪い兄弟の一人の暮らしがいいんです。貧乏でたったひとり、なのにクリスマスには窓辺に電飾を飾り、自分のために肉を焼いて、きちんとした服を着て。そして主役は羊。かわいいんです!一匹でも、かたまっても。大好きな映画でした。

このページのトップへ

桜の季節

しばらく放っておくとスポンサーサイトになってしまいます。気をつけなければ。
すっかり桜が満開になった今日この頃。近所の半田山植物園もやっとお花見開始です。もう1週間も前から夜はぼんぼり、警備員も出動していたのに、花見客ほとんどなしでした。いつも思うのですが、日にちで決めるのでなく、桜で決めるべきではないかなあ。まあいいけど。

mtのフェクトリーツアーも終わり、また静かな日常が戻ってきました。今年のmtはすさまじかった。サポートショップになって6回目。今までで一番多くの人がフェリシテを、そして倉敷を訪れました。ますます人気のマスキングテープ、驚きです。忙しくてヘロヘロでしたが、とても楽しかった。また来年、がんばるぞ!スコーンをもっと作るぞ!

この1ヶ月少しずつチビチビと読み続けていた「騎士団長殺し」やっと読み終えました。だれかこの話ししませんか?ここに書くと長くなりそうなので。言っておきますが大好きでした。読み終えたくなくてダラダラしてました。ミーハーと言われても村上春樹、いいです。

そしてやっと観れた「たかが世界の終わり」賛否両論あるみたいですが、これぞグザビエ・ドラン!という映画。ギャスパー・ウリエルの抑えた演技、ヴァンサン・カッセルのやりすぎじゃないの?っていうくらいの迫力。そしてマリオン・コティヤールのいらつかせる演技。どれも素晴らしい。グザビエの演出はまず映画の最初から印象付ける。映像と音楽。もはやここで私は胸が踊る。ワクワク、、、期待を裏切らない。ただし観終わった時ちょっと頭ががんがんした。うるさかった?ボリューム下げてもう1度観たい。
320_convert_20170408233925.jpg

これからの予定
4/22,23(土日)made in Kurashiki倉敷芸文館の中庭で。コーヒー、はちみつレモンひっさげて参ります!遊びに来てください。
4/29(土)軒下バル  久しぶりにやりますよー!
ゴールデンウィークはカレンダー通りです。
このページのトップへ

Search

Information

jack

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Categories

Links

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。